家計簿

2018年8月の出費と全資産

2015年から家計簿をつけてます。

最初は

・食費

・交際費

・娯楽

・美容

・衣料

…など細かいカテゴリにわけて、ノートを家計簿にしてしばらくつけてたけど、今は1日に使ったお金の合計額を手帳に書くだけにしてる。

 

そもそも、家計簿って必要?

人によります。

家計管理がきちんとできてる人には必要ナシ。

ただ、自分がどれだけ使ってるか把握していないとか、今よりもっと出費を減らしたいと考えてる人はしばらくつけてみましょう。間違いなくプラスになるはず。

 

私は無収入で貯金もほとんど無かったときに細かく家計簿をつけはじめて、働き出して暫くまで続けました。今はもう細かいのはいいかなと自分なりに判断して、1日に使ったお金をドンと書くだけ。

続けるのが大変という人はけっこういるけど、無収入のときは追い込まれてたので自然と続けられた。笑

 

試行錯誤して自分に合ったやり方を見つけましょう。スマホアプリでもいいし。

そして見直して改善策を立てよう。家計簿はつけるだけでおしまいだと意味ないからネ。

 

手帳が家計簿

私が使ってるのはジブン手帳↓

f:id:mamagotoism:20180820083426j:plain

埋まっていく様子が壮観。あと、お金を使わなかった”0″の日があると嬉しくなる。

5月に使い始める前はほぼ日手帳を使ってたけど、ジブン手帳を気に入ったので来年もこれかな。

 

やっぱアナログよ。紙が好き。

でも最近は、便利なアプリもあると聞いて手を出してます。

 

家計簿アプリ

よくオススメとして挙がっているアプリは、

・マネーフォワード

・Moneytree

・Zaim

・おカネレコ

 

など。

私が選んだのはゾウのアイコンのMoneytreeというアプリ。なんとなく、マネーフォワードほど複雑じゃない感じがしたから。

アプリも色々使ってみて、一番しっくりくるのを選ぶがよろし。

 

使ってみて、便利さにビックリ。

自分の銀行口座、クレジットカードを登録して連携させると、パッと全財産を算出してくれます。もう銀行口座のサイトやアプリにログインして残高を確認しなくてもいいのね〜。

私は、アプリは全資産の確認用だけに使っていて、現金を引き出したときの利用明細は記録していません。

ただ自分の口座を連携させておくだけでも便利なので、もし私のようにアナログにこだわっている人がいたら(あんまりいないか…)是非アプリも併用してみてほしい。

最終系の理想は、ざっくりとだけアプリでつけること。細かく把握する必要がないくらいの余裕がほしい、という意味です…

 

2018年8月の出費

これから毎月、給料日前の20日頃に出費と資産を発表していきたいと思います。恥さらしだと思われてもいいの…貯めるモチベーションにしてやるから。

あと単純に、同世代の人がどれくらい貯金あるのかとか興味あるから。知りたい人いるかなと思って。

 

まずは出費から。

この中には、家賃、光熱費、保険料、奨学金返済、通信費は含めていません。

 

出費:¥173,224 (7/21~8/20)

 

今回帰省&しまなみサイクリングがあったのでけっこう高額。それだけで5万は使ってるな。

あとケータイを念願のsimフリーに買い替えた。HUAWEI P20 liteの本体を一括で支払って、イオンモバイルにした。これが約3万。

 

2018年8月時点の資産

Moneytreeで確認した資産合計がこちら。どーん。

 

総資産:¥478,575 (8/20時点)

 

…どう?自分としては、けっこう貯まってるな。夏のボーナスが7月にあったおかげなんだけど。

※あ、申し遅れましたが私は奨学金を返済中でしてその分が負債になるわけですが、負の資産は含めていません。マイナスになっちゃうので。マイナスの数字なんか見たくないし。

 

2018年は、自分としては貯めるイヤー(year)の位置づけでして、海外旅行などの大出費は控えてたくさん貯めるんだ!少しくらいはガマンする!

しかし1000万円への道は遠くて見えないので、とりあえずの目標100万円。今年中は難しいけど、来年前半には達成するぞ。

スポンサーリンク