手帳

ダイスキンでバレットジャーナル中

手帳、ノート、スケジュール帳の類がとても好きな私。最近、売れているバレットジャーナル本を改めて読みました。

左側のはこの本↓表紙をはずしたら写真のようにカッコイイ。


右側の本は図書館で借りてきた。

スケジュール帳を買うのは大好きなんだけど、いつも長続きせず1年の半分を過ぎたころ買い替えたり。でもバレットジャーナル的な日々のメモは、ノートが変わっても常に欠かさず書いてる。

 

考えややりたいことを整理するのは、やっぱり書くのがイチバン!とは実感してたけど、これらの本を読んでから、もっと自分の人生に活用したいと思った。美しくなくていいし形にこだわらなくていいから。

 

今使ってるのはダイソーのノート

ノート好きとしては、モレスキンとかロイヒトトゥルムとかEDiTノートとか欲しくなるんだけどね。お高いノートを飽きっぽい私が使ってもな…それに、高いと思うとキレイに書かなきゃ!っていう思いが強くなってしまう。

そんなときにダイソーにモレスキン風のノートがあると聞き、近所のダイソーに買いに走った。ダイスキンと呼ばれてます。

8月のマンスリーページ↓

ステッカー貼ってみた。

厚さはないけど、いやぁ、これが100円なんてスゴイ。そして持ち歩くならこれくらいコンパクト(A6サイズ)な方がいいね。万年筆だと裏写りするらしいけど、ジェットストリームのペンしか使ってない私には関係ない。ガンガン書ける。

スケジュール帳はやはり今年の途中に買い替え、ほぼ日を愛用中。この発色、黄色好きにはたまらん…!来年も使いたい。

トラベラーズノートはスクラップ用。革の変化が楽しみ。

ちなみに後方にあるのはMDノート。これはお値段が高級ではないけど紙質もしっかりしていて、方眼・横線など種類も豊富でバレットジャーナル向きだと思う。

 

今のメイン3冊の用途は、こんな感じ。

  • トラベラーズノート→スクラップ用。旅の思い出とか。
  • ほぼ日手帳→スケジュール帳。かわいいシール貼って気分をアゲてる。
  • ダイスキン→バレットジャーナル用。ボコボコすると書きづらいので何も貼らずシンプルに。

 

自分で決めたKEY↓

 

人にみせられなくてもいいので、書きたいこと書いてもっと日々を充実させるぞ!

 

スポンサーリンク