モノ

フイルム写真は楽しい

 

フイルム写真って撮りますか?撮らないよねー、物好きじゃなけりゃ。

私も普段はスマホで一番多く写真を撮る。その次はα5100で。α5100は、バンコク旅行前に買ったSONYのコンパクトなカメラです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

うふふ、カメラ買ったぜ✌️コンパクト! * * * #カメラ #sony #α5100 #ミラーレス #シンプルライフ

うたこ(@mamagoto_u)がシェアした投稿 –

スマホ、デジカメの次に撮るのはフイルムカメラ。FUJIFILMのKLASSEという35mmのコンパクトカメラを持ち歩いてる。CANONの一眼レフのフイルムカメラも持ってるけど重いので最近は持ち出してない。国内旅行のときは一眼派かな。

バンコク旅行のときは、久々に写ルンですを買って3つ持ってった。写ルンですの良いところは軽い。でもフイルムよりかさばるので、大量に使うときには向いてない。空港では手荷物として持ち込まないとダメなので。

使い捨てカメラってさ、若い子は知らないよね。。私が中学生や高校生だったころは普通に修学旅行とかに持ってってたけど。でも最近、チェキとかも流行ってるし写ルンですも再ブームがあったらしい。アナログブーム。

 

作例

私の作品で良さが伝わるのかは疑問だけど…桜やネモフィラの写真などを。

次はバンコクで撮った写ルンです写真。チープなのにきちんと撮れる。

 

フイルム写真が好き

このボヤっとしててやわらかくて、パキパキしてないところが好き。デジカメで撮った写真をこんな風に加工できればフイルムカメラは必要ないのかもしれないけど、ムリ。とはいえ、私も写真をみてデジタルかフイルムなのか、全て分かるわけではないので、本当にフイルム写真でないと駄目なのかは自分でも甚だ疑問。

でもね、出来上がった写真だけでなく、撮るときもフイルムのほうが好きなのです。デジタルだと枚数気にせずにガンガン撮ってしまう。フイルムだと費用を気にしてデジタルのときと撮り方が変わるんです。それが良いことなのかは分からんけど、私はフイルムで撮ってるときのほうがモチベーションが上がる。笑

 

時間とコストがかかります

最大のデメリットはコストがかかること。撮影→現像までの時間がかかることは、けっこう楽しみでもあるので、個人的にはデメリットには感じないけど、お金がかかるのはツライ。

少しでも安くすませようと、私が利用している写真屋さんとフイルムを紹介しておく。

 

フォトカノン(戸越)

戸越銀座にあるphoto kanonという写真屋さんでは、毎月第1&第3日曜日にカラーネガフイルムの現像代が半額になります!たしか1本290円。これはありがたい。。ただし、店舗への持ち込みに限るので、引っ越ししたら行けなくなるけどね…

何本かたまったらこのお店に持ってってます。で、私は自分でフイルムをスキャンするのが面倒で、データスキャンも同時にお願いしています。作例でアップした写真もここでスキャンしてもらったデータです。スキャンは1本500円。なので現像出したら1本800円ぐらいになっちゃうんだけどね、結局。でも現像だけだと290円ですよ!何本かまとめて持って行けば、電車代を考えてもお得。

フォトカノンはオシャレなお店で、小物なども売られてます。あと戸越銀座の商店街を歩くのが楽しい。

 

富士フィルムの業務用フィルム

フイルム自体も種類がどんどん減り、高額になっています。大量に欲しければ、富士フィルムの業務用のものが一番安いかと。

【取寄品】FUJIFILM 業務用 ISO100 36枚撮 100本 【送料無料(一部地域除く)】

私は数年前に買ったんだけど、値上がりしてる…?100本買って、冷蔵庫に保管しつつチビチビ使ってます。上の作例の前半はこのフィルムで撮ったもの。

写ルンです、好きなんだけど安売りしてないのよねー。

 

まとめ

フイルムで写真を撮ることは贅沢な趣味と言えるかもしれません。でも年中金欠な私もやめられないくらいの魅力がある。まぁ日々大量に撮影せず、ゆっくりペースでやってれば破産することはないです。ハードルが高そうなようで、テクニックも高いカメラも必要なく楽しめます。トイカメラというオモチャっぽいカメラもあるし。

昔のように、家に暗室作りたい!というほどではないけど、これからもずーっと細々と続いていくんだろうなあ。

 

スポンサーリンク