フィヨルド

フィヨルドブートキャンプに決めた理由

プログラミング学習するぞ!!と決めてから、すごい数のプログラミングスクールがあると知って、どこにしようかけっこう悩んだ。決断するのは早いほうな私でも少し悩んだので、同じ悩みを持ってる人は多いのではないかと。私がフィヨルドに決めた経緯を書きまっせ。

 

スクール選びのポイント

私の場合、突発的にスクール通いを決めたのでまず予算がなかった(慢性的貧乏)。そして退職する日を2020年の8月と決めているため、学習期間としては半年以内におさめたいなと考えている。これは自分の頑張り次第でもあるけど、初心者同然なので平均より少し時間がかかることを想定しておかないとあとで困りそう。

なお、現職はプログラミングとは関係のない仕事で、残業時間はそう多くないです。土曜日はひと月に1回程度、数時間仕事あり。土日の学習がメインになるけど、平日も時間を絞り出してコツコツ進めたい。

これらを前提条件として、重視するポイントを整理しましょう。

 

価格

就職が決まったら全て無償になったり、逆に就職が決まらなかった返金します、とかスクールによって色々あります。企業と連携してるから元々無料だったり。安けりゃ安いほどいいんだけど、私はモチベーションを上げるためにお金を払う派なので、ある程度の出費はしょうがないと割り切るタイプ。貯金ないくせにね…

通学せずオンライン学習だったとしても、集まる人々の質(というと偉そうだけど)は大切だと思っていて、志が高く勤勉な人がいる環境の方がいいよねぇ。そういう意味では、授業料が高いところはヘンな人がいないんじゃないのかな、というメリットがあると思う。しかし自分の財布と相談して、身の丈にあったところを選ばないと、お金の心配しながら勉強することになるので注意。

 

就職支援

これがあるほうがもちろんいいんだけど、自分の年齢(40手前)と都内での転職を考えていないことを考えると、そこまで望めないなというのが現実。私の場合、なくてもOKという結論に至りました。就職サポートはどのスクールでもあるみたいだけど、条件を確認しておきましょう。

 

オンラインor通学

せっかく都内に住んでるので最初は通学したいなと思ってたけど、電車代かかるし移動時間がもったいないのでオンラインでいいやってすぐに考えなおした。東京でなら通学にこだわっても選択肢がありそう。

 

期間(学習時間)

2020年の8月退職から逆算して、6月頃から転職活動をはじめたいと考えている私にとって、卒業までにかかる時間も重要。カリキュラムを終えるまでの参考学習時間がのっていることが多いので、それをもとに考えます。初心者ではない人は短縮できるだろうけど、私は早めに終わることを期待せず計画しないと。

 

チーム開発

これはスクールを調べていく中で重要かなと気付いたこと。転職を前提とするなら個人の能力だけじゃなくチーム開発の経験も必要だろうなと思い、カリキュラムの最後のほうに他の人との共同作業が組まれているとベター。

 

スクール比較

ここからは実際に自分で調べて比較したスクールの話。比較といっても、ネットの情報だけで実際に足を運んで説明を聞いたりしていないので、妄想も入っているかもしれません。時系列に考えたことを並べています。

 

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

ネットで調べてたら一番に目に入って気になったところ。渋谷にキレイなスクールがあるらしい。モチベーション上がりそうだなぁ。少し前までは20代までしか受け入れてなかったけど最近は年齢制限がなくなったらしい。しかし如何せん授業料が高い…80万円なり。しかも調べていくと前までは4~50万円だったのが値上がりしたようだ。それを知ってしまうとなんだか興ざめしてしまった。というか現実的にそんなに払えないと冷静さを取り戻した。

 

TechAcademy(テックアカデミー)

こちらも大手。通学にこだわらなければこっちの方が割安。あと、Macが必須でなくWindowsでも受講可能。コースが色々あって悩ましい。受けるならWebアプリケーション+フロントエンドのセットコースかなぁと考えていたけど、これが最適解なのかと悩みはじめてしまった。思った以上にたくさんのプログラミングスクールがあることを知ったので、もう少し調べてみようと思って。

 

これら2校は生徒数も多いためか、ネットには悪評ものっています。メンターに対する不満とか。でも受講する自分自身によって良くも悪くもなると思うので、過度に気にする必要はないと思う。なんせ初心者ですし。

 

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)

スクール選びの迷路に迷い込みそうになったとき、ふと目にしたこのツイート。

さっそくポテパンキャンプが気になり調べてみた。かなり良さそう。実力がつきそう。しかし、通うには審査に通らなければならないと…。そして審査に落ちたというブログをけっこう見かけて、自信がまったくなくて撤退しました。時間がもう少しあれば、記念受験になったとしても応募してみたかった。

 

フィヨルドブートキャンプ

そして辿り着いたのがフィヨルドブートキャンプ。サイトを見ると、誰でも応募可能。少人数のメンターさんでやってるみたいだし、考え方も共感できる。シンプルで分かりやすい。受講料が月約3万円なのも、金欠の私にはローンを組む必要がなくなるからありがたい。ただ、卒業までものすごく時間がかかって割高になってしまいそうだけど…。明大前駅にオフィスがあり、席を予約してそこで勉強してもヨシ。いいねぇ。

フィヨルドを知ってからは、迷いがなくなり12月に申込みをしようと決めました。

入会前に準備したことについてはこちら↓

フィヨルドブートキャンプに入会したこと&事前準備去年の12月からプログラミングの勉強をはじめたと言っておりましたが、フィヨルドブートキャンプというプログラミングスクールに入会して、オン...

後半の2校は規模が小さめでガンガン広告をうってるわけではなさそうだし、実力勝負という印象があって好感が持てた。Twitter、頼りになるなぁ。実際に通っている人のTwitterを見るのも参考になるよ。

 

まとめ

スクールはただの手段なので、直感を信じて悔いのない選択をしましょう。今のところフィヨルドを選んでよかったと感じています。でもどこを選んでも勉強するのは自分!

 

スポンサーリンク